クラフトアフリカへ行く

ペーパークラフト持って南アフリカへ・・・
スキを見て更新していきます。



★その1★ 出発〜チャンギ国際空港〜南アフリカ〜そして爆発


 

 ついにきてしまった、出発の日。関西国際空港から・・いざ!(シンガポールを経由して)南アフリカへ!!シンガポール航空の機内は何か匂う。不快なにおいではなく、なんかエキゾチックなもので…、おっと!スチワーデスの方々も全員シンガポールの民族衣装に身を固め、やはり香水が…。でもシンガポールぅぅぅっという雰囲気万点で、日本の航空会社も是非、着物、スチワートには忍者ルックを。機長は殿様ルック(何それ)
 座席(エコノミー)にも液晶テレビが装着され、好きなビデオ、そしてNINTENDOが楽しめるというサービスにはちょっと感動しました。
 どうやらスーパーファミコンが入っているもよう。テレビのリモコンを強引にコントローラにしたせいか、操作性はいまいちですがゲームの方は…。げん!全部英語だー!!マリオランドも何言ってるかわからんぞー。マリオはネイティブスピーカーだったと知ってショック!ヨッシーまでネイティブと知って大ショック!
 映画は日本語で鑑賞可能なものがあり・・・おわ、絶対見たかった「ドラゴンハート2(ビデオ映画)」
アメリカでも8月発売予定のはずが、日本語吹き替えでバッチリ!
 と、ところが、機内サービスの嵐、おしぼり、ジュース、機内食、回収、飲み物の連続で全然落ち着いて鑑賞できない。
なんてこった!
それでも飛行時間が長かったので2回連続で見れ満足満足。
 もう飛行機落ちてもいい!
 ・・・いや、やっぱヤダ。
 チャンギ国際空港(シンガポール)へ到着!乗り継ぎのためしばらくブラブラ・・・
 おお!これは!?
 トイレットのデザインがだいたーん!
 ということで写真とりました。(変な目で見られていたような・・)
 でもコレ・・間違えて入る人いるのでは。
 そ、その他、謎の超科学ゾーンや花畑など意表をつく空港。
 多彩なお店。
 うーん。
 こりゃ関西空港はアジアのハブ空港にはなれない・・・・

 やっとヨハネスブルグに到着。アフリカなのに思い切り冬!(偏見ですね)吐き出す息が白くなるほどで、半そで姿の人は凍えていた。暑い思いして長袖にしてよかった、と思う瞬間。

 ただ治安が悪いとの話でしたので、空港出入り口では怖くてカメラ出せず。撮影不能。
 実は南アフリカ、トイレがベリーハーーーイ!
 身長が高い人用に作られていて、便器に○○○○が届かない・・。
 写真撮りたかったのですが・・・。(捕まる!?)

 街中でも信号待ちの車には、売り子が集まってきます。便利・・・と思いきや、中には強盗が混じっているそうで・・コワー

 車はトヨタ、ニッサン、スズキ、ホンダ、ダイハツの嵐。その他ベンツ(BMW?)のバスには驚きました。
(どう見ても普通のバスなのにエンブレムが・・)

 

 ホテルに到着、部屋をオープンするための磁気カードをGETするが、磁気が弱くドアが開かない!いきなり英語使えってか!?
メチャクチャ英語でなんとかカードを交換してもらう・・
(恥ずかしいので英語は割愛します)

 そして第一の事件が起こりました。
日本より持参したサスコム社製、多国籍対応マルチアダプターと変圧器を接続、いよいよ南アフリカの一風変わった形状のコンセントに差し込みまし・・・
 ボン!!
 シュー!!

 焦げ臭い匂いといやーなスパーク音。
 南アフリカにも対応していると明記されているアダプターが接触不良で火花を散らし、高電圧が変圧器を直撃したのです。
 変圧器大破、アダプター小破。
 もう、最も悪!・・最悪です。特に電圧が240Vと高い国なので変圧器は一撃で昇天してしまいました。
 カメラはデジカメ・・通信はノートPC・・

 こ、困った!
 バッテリーで10日は厳しい・・。
 この後、悲痛な面持ちで団体行動第1弾、お買い物、に出発させられました。
 が、サントンシティーにて南アフリカー>ヨーロッパ規格への変換プラグをGETでき、非常用として持ってきていた240V対応の電源ケーブルと見事接続!
 さぁ、これで電源問題は解決か?
 と思いきや・・・変圧器は・・・そして、その後に待ち受けていた冷や汗と涙爆発の損害賠償ものの悲劇・・・

つづく